ポケモン×リアル脱出ゲーム「風の遊園地からの脱出」の感想

謎に対するネタバレはしないよう配慮していますが、雰囲気等も事前に知りたくないという方はお気をつけください。

参加形態   :3人

タイプ    :周遊型

制限時間   :なし

所要時間   :約2時間45分

脱出可否   :成功

会場     :ひらかたパーク

体感的難易度 :☆☆☆☆

満足度    :☆☆☆

ストーリー

今日は年に一度の風祭り。

伝説のポケモン・ルギアが、この街に恵みの風をもたらす日だ。

そこに悪の組織・ロケット団が忍び込んだ。

あちこちで巻き起こる事件、封鎖される会場、閉じ込められるあなたたち。

はたして、あなたはロケット団の計画を阻止し、ここから脱出できるだろうか。

舞台は風祭りが行われている遊園地。

いたるところにポケモンが隠れている。

謎を解いてポケモン達を仲間にし、悪の野望を打ち砕け!

キミとポケモンが出会ったとき、みんなの物語が動き出す。

公式HPより http://realdgame.jp/pokemon2018/?utm_source=0425_main&utm_medium=reald&utm_campaign=pokemon2018

何が行われるのか

コースは2種類

一般とキッズの2コースがありました。

一般は謎を解いて技の名前が明らかになるとポケモンが捕まるシステムですが、キッズコースではポケモンの場所を見つけて用紙に名前を書けば捕まります。

遊園地内を散策してストーリーを進めていく

指示に従ってポケモンを捕まえていくと、アトラクションに乗るよう指示があります。

なおアトラクションは合計3回乗りますが、毎回激しいものと穏やかなものの2択になっているので、絶叫系の乗り物には乗れないという人でも大丈夫になっています。

ちなみに今回は同行者が絶叫系がダメだったのでマイルドなものを選択しましたが、それでも情報が見つけにくいものがありました。

チェックポイントがある

要所要所でチェックポイントがあるのですが、趣向をこらした演出があります。

それが楽しくポケモンの世界感を感じさせてくれます。

謎について

難易度は?

ポケモンを捕まえる謎はなぞなぞのような、難しくはないものがほとんどでした。

ただ、小学生はキッズコースで回った方がストレスなく進めると思います。

なにせ長丁場になりますし、チェックポイント前の謎は考える時間が必要なものが多いので無理はしない方が楽しめると思います。

どんな謎が出るのか?

ポケモンの技や特性を知らなくても問題はないですが、知っていた方が有利なんだろうな、とは思いました。

ちなみに問題を解くのにポケモンの知識は全く必要ありません。ただ知っていると問題が解けなくても答えがわかるのかもしれない、ということです。

注意点

とにかく暑い

真夏の屋外、とにかく暑いです。

暑さ対策をしっかり、水分補給と休憩を十分に取りましょう。

とにかく時間がかかる

スムーズにいっても移動距離がかなりあります。2時間以上は歩き回ると思ってください。

加えてアトラクションとチェックポイントの待ち時間があります。

時間には余裕を持って参加しましょう。

ポケモンコンプリートしなくても脱出はできる

必要な問題だけを解けば、ストーリーが完結して脱出成功できます。

でも逆にいうと、ストーリーを追うだけではすべてのポケモンは捕まらないので、コンプリートしたい場合は時間と根気が必要です。

参加した感想

お盆明けの時期に行ったため、めちゃめちゃ暑かったです。

今回は都合上15時スタート。西日が刺さる!

当日の閉演時間は18時。最終報告は閉演の1時間前、つまり17時。

ポケモンコンプリートは諦めてでもなんとか最後までたどり着きたいと、少々速足で巡ります。

しかし参加した日は夏休みの日曜日、園内は人で賑わっておりアトラクションの待ち時間それぞれ約30分。

そしてチェックポイントでも待ち時間が…。

趣向をこらした演出はよかったのですが、それ故に待ち時間が生じていて、長い所で30分以上待たされました。

時間がない中でこれは厳しかったです。終われないかも、と焦りました。

列に並んでいる他の人たちも「もう続きのページだけくれればいいのに」と話していましたし、チェックポイントのオペレーションはもう少しなんとかしてほしかったです。

というわけで、あっという間に最終報告締め切りの17時を過ぎてしまいました。

でも結局18時の閉園時間まではチェックポイントが稼働しており、ポケモンフルコンプリートの確認も場所を変えて行っていましたので、閉園時間までになんとか無事ゴールできました!

ちなみに参加していた小学生の多くはポケモン博士で、知識が半端なかった。

見かけた子どもたちはみんなすごく楽しそうにしていたので、親子で参加するのに良い公演だと思いました。

ポケモン好きはもちろん、ポケモンの知識がない人でもチェックポイントの演出が工夫してありますし、楽しめると思います。