青春×リアル脱出ゲーム 君は明日と消えていった(再演)の感想

謎に対するネタバレはしないよう配慮していますが、雰囲気等も事前に知りたくないという方はお気をつけください。

参加形態   :2人

チーム構成  :4/4人 女性2人組+私たち

タイプ    :ホール型

制限時間   :60分

脱出可否   :失敗

会場     :東京ミステリーサーカス

体感的難易度 :☆☆☆

満足度    :☆☆☆☆☆

スマホ可

ストーリー

ある日、亡くなったはずの幼馴染の女の子みずきから手紙と小包が届く。

そこには「お願い、私の最後の願いを叶えて」とある。

17歳の男の子になって彼女の最後の願いを叶えよう。

参加した感想

感動してしまった…。

映像、音響が素晴らしく、照明の使い方や小道具も凝っていて、深夜から明けに向かう時間経過をひしひしと感じることができたのはすごかったです。

そんな演出に引っ張られて感情移入してしまい、すっかり登場人物である「みずき」に入れ込んでしまいました。

みずきはもちろん知らない子だけど、本当に高校生の自分が幼馴染との想い出を振り返っている気分になります。

そして高校時代の勢いや脆さを思い出させてくれます。

あの頃はこんなことで悩んでいたな、とかあんなことに一生懸命だったな、とかね。

謎について

どんな謎なのか?

謎の内容は完璧にストーリーに沿っていました。

みずきのことを知ろうとすれば、その流れで謎が解けていくのでどんどんストーリに引き込まれて行きました。

難易度は?

失敗してますけど、難しくはなかったと思います。

4人で丁度作業しやすい分量と内容だったと思います。

非常にスムーズに進められていたと思うのですが、最後にもう一呼吸おければよかった…。

違和感はあったので、それをちゃんと口にしてチームメイトに伝えればよかったな、と後悔しています。

「あとにしよう」とか「思い過ごしかな」とかで流してしまうと大事なことを見落としてしまうのですよ…。

もしそれをその場で言葉にできていれば、チームメイトの誰かがなにかに気づいていたかもしれない。

今回の教訓:今後はどんなに些細なことでも思うところがあればその都度口に出そう。

初心者でも楽しめるのか?

この公演は楽しめると思います!

1チーム4人でコミュニケーションが取りやすいですし、物語を追っていけば流れが見えてくるので、全然ついていけない、ということにはなりにくいと思います。

ヒントも用意されていますので、何もできずに終わってしまったということにはならないと思います。

とにかく思春期の不安定なでも一生懸命な気持ちを想い出させてくれます。

それと同時に私は大人になってしまったナ…と寂しくもありましたが、まさに現実ではない世界が経験できるので非常におススメです!!