サバンナ高橋×リアル脱出ゲーム「絶望トイレからの脱出」の感想【ネタバレなし】

謎に対するネタバレはしないよう配慮していますが、雰囲気等も事前に知りたくないという人はお気をつけください。

参加形態  :2人

チーム構成 :2/2人

タイプ   :ルーム型

制限時間  :15分

脱出可否  :成功 ただし1回リベンジで

解説なし、何度でもリベンジ可

体感難易度 :☆☆☆

満足度   :☆☆☆☆☆

料金    :ペアチケット2400円、リベンジペアチケット2000円

あらすじ


あなたは、ある小学校の5年生。
授業中、不意に激しい腹痛に襲われてしまった。

「せ、先生、トイレ行ってきていいですか?」

恥ずかしかったが、勇気を振り絞って僕は言った。

「えっ!? アイツもしかして」

そんな空気に包まれた教室。あちこちからクスクス笑う声が聞こえた。
でも、笑われても漏らすよりマシだ。
その時だった。窓際のアイツも手を挙げた。

「せ、先生、僕も行ってきていいですか?」

クラスで一番目立たないアイツだ
いや、一番は僕か。アイツも腹痛に苦しんでいたなんて……。

「なんだお前ら! さっさと行ってきなさい。チャイムが鳴るまでに戻って来るんだぞ!」

先生の言葉で立ち上がった僕ら。
冷静に。変に勘繰られないように。それでいて大急ぎで行くぞ。

「急ごう。チャイムが鳴るまでに戻らないとみんなに冷やかされるぞ」

「ど、どこのトイレに向かってるの?」

「職員室の奥だ! あのトイレならこっそり入れる!」

「でもあそこは使うのは禁止のはずじゃ?」

「……大丈夫だ! いこう!!」

勇気を振り絞った僕らの物語が始まった。
そのトイレにはとんでもない仕掛けがあるとも知らずに……!

公式HPより https://mysterycircus.jp/zetsubou_toilet/

謎について

すべての謎は2人で協力しないと解けない

こちらの脱出ゲームは必ず2人でチームを組んで取り組むものです。

一人ずつ隣合う個室に閉じ込められて、隣の相棒と力を合わせて謎を解いていくのですが、なるほど一問として一人で解ける謎はない。

いや、正確には解けちゃうこともあるのだけど、相手もそれに応じて動いてくれないと進まないです。

それだけコミュニケーションが重要なので、チケットを買う段階で2人組を組めていないと参加することができません。

今回は気心知れた友人と2人で参加したので「ああでもない」「こうでもない」と部屋越しにわちゃわちゃ相談しながら進めることができ、とても楽しかったです。

謎の難易度は?

決して簡単ではなかったと思います。

1回目の挑戦では、問題の数が多くあっという間に制限時間が過ぎてしまい脱出失敗しました。

でも流れるように解いていければ一発成功もできそうな雰囲気で、15分に対して絶妙な量と難易度なのだと思います。

おそらく謎解きに慣れた方でも満足できるボリュームと構成なのではないでしょうか。

そして最後に解説はないので、脱出に失敗するとリベンジカードが渡され、少し安い値段で再挑戦することができます。

ちなみにリベンジの時は、見回りの用務員さんが急に優しくなってヒントをくれます。

私たちはとんでもなく初歩的な勘違いをして行き詰っていたのですが、用務員さんのおかげで2回目で無事脱出することができました。

2人であることを活かしたルーム型の特徴

ルーム型の多くは10人や6人1チームで参加するものがよくありますが、これだとすべての謎に触れることがまず不可能で、自分の知らないところでいろいろ進んでいることがあります。

一方こちらは1人ずつ個室に入るので、正真正銘すべての謎を自分で解かなくてはいけません。

だけど一人じゃない。仲間がいる。

すべての謎に触れることができ、かつ協力することで解決する喜びも味わえ、最高に楽しかったですね!

初心者でも楽しめる?

大丈夫です!

万が一失敗しても、お金を追加で払えばリベンジできますしね。

そして必ず知り合いと組むことになるので、とても楽しい時間を過ごせると思います。

なかなか人とここまで協力して何かを成し遂げる機会はありませんよ。

一人でも参加できる?

残念ながらこれはできません。

現地に1人で行って、スタッフの人がその場でペアを組んでくれるということはないので、必ず2人でないと参加できません。

注意点

とにかく動きやすい服装で行ってください。

ただ、しゃがんだり床に座りこんだりすることはないのでスカートでも大丈夫です。