クラインの壺×リアル謎解きゲーム よだかのレコードB-SIDE Vol.3の感想

謎に対するネタバレはしないよう配慮していますが、雰囲気等も事前に知りたくないという方はお気をつけください。

参加形態   :2人

チーム構成  :4/5人 ソロ男性+ソロ女性+私たち

制限時間   :60分

脱出可否   :成功

会場     :よだかのドラマチックルーム

なにも持ち込めません

体感的難易度 :☆☆☆☆

満足度    :☆☆☆☆☆☆

ストーリー

よだかのレコードから新しいゲームがリリースされる。

ゲームの名前は「クラインの壺」

今までにみたことのない不思議なデザイン。

詳しいゲームの内容は書かれていない。

あなたは、感じたことのない不思議な感覚を覚え

何かに引き込まれるように、このゲームへの参加を決めた。

公式HPより https://www.yodaka.info/event/1902klein/

参加してみて

私にとって過去に経験したことのない内容でした。

なるほどオリジナルのゲームに参加させられるんだ、という認識でスタートしたのですが、進めて行くにつれてどんどんゲームに引きずり込まれていきます。

これはすごい…びっくりでした。

今回はいろいろラッキーが重なって、ちゃんと状況を理解してないのに結果的に条件を満たしたので進んで行く場面があり、戸惑いました。

でも最後、本当に本当にギリギリでのクリアだったので、ラッキーがたくさん起きて本当にラッキーだった…。

そしてこの公演の本質がわかると「おおお」とまたまたビックリしました。

もちろんやってる最中も楽しいのですが、終わった後からもいろいろ思い出してじわじわ来ます。

チャンスがあるなら、ぜひ参加してもらいたい公演です!

謎について

難易度は?

手も足も出ないと感じるものはなかったので、個々の謎は難しいものではなかったと思います。

それでも要所要所で「これはどういうこと?」と悩まされることが頻繁にあり、すんなり行くわけではありませんでした。

そして量は多かったです!どんどん問題が出てくる。これが楽しいのですが。

次々と進めていかないと時間があっという間に過ぎていきます。

どんな謎なのか?

基本的な小謎からスタートするのですが、本当に不思議でした。

テーブル上で謎を解くホール型から始まったのに、本当に閉じられた部屋から出るルーム型をやっているかのような気分に。

いろいろな角度からいろいろな方法で攻めてきます。

初心者でも楽しめるのか?

楽しめると思います。

ちゃんと置いてけぼりになることはないシステムになっています。

でも内容としては経験者向きかなと感じました。

様々な角度からの問題が出るので、今までに謎解きゲームに参加してきた人はより、「おお、こう来たか」と楽しめる気がします。

初めてだと、「まだあるの??」と戸惑うくらいにはたくさん問題があるかも。

楽しむためのポイント

時間厳守で

スタート時間に遅れると参加できません!

絶対に時間厳守で行きましょう。

でも開場時間までは中に入れず待っている場所もないので、開場時間ピッタリに行くのがいいと思います。

荷物はできるだけ少なく

会場が狭いのでできるだけ身軽で行きましょう。

ただ、今回に限っては部屋の壁沿いに荷物を置くことが許可されたので、よほど大きい物でなければ置き場に困ることはないかもしれません。

防寒具は床に直置きになる可能性が高いので、そのつもりで行きましょう。

チームメイトとは密にコミュニケーションを取る

チームメイトとワイワイ相談しながら進めるのが楽しむための1番のポイントです。

そのためには何より積極的に参加することが大事です。

気づいたことはどんどん声に出す。自分ができることを探して動く。

他の人の話をきちんと聴く。他の人の動きをきちんと見る。

上記の事を心がければ、たとえ問題が解けなくても楽しく参加することができ、謎が解けていく喜びをみんなで分かち合え、素敵な経験をすることができると思います。