京王電鉄×都営地下鉄×謎解き 鉄道探偵と1/3の奇妙な手紙の感想

謎に対するネタバレはしないよう配慮していますが、雰囲気等も事前に知りたくないという方はお気をつけください。

参加形態   :1人

タイプ    :周遊型

制限時間   :なし

所要時間   :兄編 約100分 弟編 約180分 解決編 約20分 

会場     :京王電鉄沿線、都営地下鉄沿線

脱出可否   :成功

体感的難易度 :☆☆☆☆

満足度    :☆☆☆

参加費    :無料 ただし電車料金は必要 一日乗車券が便利

スマホ必須

ストーリー

世界で最も有名な鉄道コレクターである大富豪がこの世を去った。

世間の誰もが彼が遺した莫大な遺産の行方に興味を持ったが、彼が息子たちに宛てた手紙には、相続の内容は一切書かれていなかった。

その代わりに書かれていたのは、「遺産が欲しければ全ての謎を解くこと」という遺言と奇妙な図形や文章の数々。

しかし、息子たちの誰一人としてその手紙に記された謎を解読することができず、全ての鍵はある一人の男に委ねられた。

その男とは、鉄道探偵と呼ばれる、鉄道に関するあらゆる事件を解決してきた名探偵である。

「どうやら似たような依頼が2件舞い込んだようだ」

こうして大富豪の遺産をかけた鉄道を巡る謎が今、幕を開ける

公式HPより http://blacklabel.takarush.jp/promo/tetsutan5/

参加した感想

この謎解きゲームは京王・井の頭沿線をまわる兄編、都営地下鉄沿線をまわる弟編、両方をクリア後にチャレンジできる解決編から成り立っています。

当初、兄編と弟編を2日に分けてやろうかと考えていたのですが、予想以上に兄編が短時間で終わったので、「これなら1日で全部終わるかも」と同じ日にすべてやりました。

しかし、弟編は時間がかかりました。

兄編は移動距離はありましたが効率よく回れるようになっていて、移動自体はスムーズに進めることができました。ただ、謎の中身が弟編と比べて難易度が高く、私はけっこう考える時間が必要でした。

一方、弟編は問題は比較的簡単なのですが、移動が多くものすごく時間を要しました。「こんなに電車に乗り降りするなんて、合ってる!?」と途中不安になってしまうほどでしたよ。

私は兄編の謎を解くのにかなり時間を要したにもかかわらず、比較的さくさく解けた弟編の移動時間の方がはるかに長くかかりました。

ちなみに解決編はどこでも解ける内容なので、時間がない人は持ち帰って解くことも可能です。

あと、なんでしょうね。私は探索が下手なんだと思い知らされました。

かなりわかりやすい所にあったのに、見つけるのに結構な時間同じ場所をうろついてしまった…。これはセンスの問題!?

混雑具合は

私は平日の昼間に参加しましたが、だいたいどこのチェックポイントへ行っても他の参加者を見かけました。ただし人数は多くなかったのでゆったりと行うことができました。

土日や祝日になると参加者が多くて混み合うことが予想され、掲示されている情報が見づらかったり聞きたくないネタバレが聞こえてしまう可能性があるので、可能ならば平日に参加することをおススメします。

あと、ラッシュの時間帯は避けた方が無難です。何度も電車を乗り降りするのできっと心がすり減ります。楽しみたいのであれば、電車が空いている時間帯に行きましょう。

初心者でも楽しめるのか?

こちらは初心者でも楽しめると思います!

困った時はヒントがちゃんと用意されていますし、全然解けなくて終わってしまうということにはならないと思います。

ただ、こういった鉄道沿線を巡る謎解きは移動が多いためとにかく時間がかかります。

謎に慣れていない人が1人で参加すると途中で心が折れて途中でリタイアしてしまう可能性もあるので、できるだけ仲のいい人と一緒に参加された方が楽しいと思います。

どんな謎が出るのか

どれも解いていて楽しい謎でした。兄編にも弟編にも仕掛けが用意されており、「おお!」と驚きました。

もちろん時間がかかったものもありましたが、解けると納得。スッキリします。

難易度としてはすごく難しいわけではないので誰でもとっつきやすく、でもちゃんと考えないといけないものもあるので謎解きに慣れている人でも満足できる内容だと思いました。

このバランスが見事ですよね。

注意点

鉄道に乗って行う謎解きですが、屋外にも出ます。とくに弟編。なので天気は良い日に行くことをおススメします。

電車で移動しますが、駅構内の階段・エスカレーターもたくさん上り下りします。歩きやすい靴で行きましょう。

混雑具合の項目でも書きましたが、ラッシュの時間帯は避けた方が無難です。長時間の戦いになるので、できるだけ体力を温存しながら楽しみましょう。