最終兵器工場からの脱出(再演)の感想(ネタバレなし)

謎に対するネタバレはしないよう配慮していますが、雰囲気等も事前に知りたくないという方はお気をつけください。

参加形態   :2人

チーム構成  :6/6人 男女2人組×2+私たち

制限時間   :60分

脱出可否   :失敗

会場     :アジトオブスクラップ横浜

体感的難易度 :☆☆☆☆

満足度    :☆☆☆☆☆

スマホ可

ストーリー

そう遠くない未来。

密かに開発されていたとある兵器がついに完成した。

核攻撃にも耐えうる強靭な装甲を纏い、

7日間で人類を滅亡させる脅威を備えた

史上最悪の二足歩行型ロボット。

あなたはそのロボットを破壊するため

某国から派遣された特殊部隊の一員だ。

長年に渡る諜報活動によって、

ついにロボットが開発されている工場の場所を突き止めた。

強固なセキュリティを解除し、工場のゲートを突破したとの時!

突然機械が唸り声をあげ、工場全体が稼働しはじめた!

「電力供給ヲ開始シマス!

最終兵器起動マデ、残リ60分」

モニターに映し出された文字に絶望するあなた達。

このままではロボットは目覚め、人類への攻撃を開始する。

一体なぜ!?ロボットは起動してしまったのか?

残された時間はあと僅か。

あなたは工場に隠された装置を駆使して

様々な謎を解き明かし

人類を救うことが出来るだろうか?

公式HPより http://realdgame.jp/saisyuheiki/

本公演の特徴

6人1グループのホール型

6人で1つの問題に取り組みます。

なお、受付でリアル脱出ゲームへの参加経験の有無を聞かれました。それを参考にグループ分けが行われているようです。

今回はなにかと会場内を移動する機会が多かった気がします。

なお今回はグループ全体でチェックポイントへ行く必要はなく、役割分担をして動きましたが、会場内に近い間隔でテーブルがひしめき合っていたので、ちょっと動きづらかったです。

ストーリーがよくできている

オリジナルストーリーですが、プロローグからエンディングまで話がよくできていたと思います。

もともと私は世界滅亡を阻止するというものが好きではあるのですが、こちらは終わった後も考えさせられるような内容でした。

謎について

謎の内容は

会場内で情報を集めてくるものが多かった印象です。

謎はチームメイトみんなで分担して解くので、正直「あれはどうしてこうなったんだっけ?」と終わってから疑問に思うことがありました。

ただ情報共有は大事ですが、今回の公演についてはみんなで一つの課題に取り組む機会が多いので、小謎をすべて認識できなくても、大事なポイントは無理なく全員で把握できる仕組みだったと思います。

1チーム6人は人数が多くて資料を見るなどの工程がストレスになることが多いのですが、今回はそれもスムーズでした。

期待を裏切らない、おお!びっくり!な仕組みもあり楽しかったです。

難易度は

冷静に考えれば難しくなかったのかな、と思います。

でも最後はやっぱり気づけないと解けません。

私はあと一歩及ばずで失敗しました(いつもこれ)。

参加した感想

これは楽しかったですね!大好きな公演です。

結果は脱出失敗しましたが、ただただ楽しかったです。

個人的には最後に明かされるストーリーの全貌にも感動してしまいました。

そして偶然一緒になったチームメイトの方がみんな素敵な人たちで、本当に楽しかったです。

注意点

今回初めてアジトオブスクラップ横浜に行きましたが、100人ほどの参加者がいる会場でトイレの個室が1個しかなくて非常に混み合いました。お手洗いは事前に済ませておくことをおすすめします。

また、エレベーターが狭く他のフロアの利用者もいるため、ギリギリの到着だとエレベーターに乗れなくて焦るという事態に陥りかねません。余裕をもって会場には行きましょう。